みんなに聞きました 銀行窓口で体験したこと

銀行の通帳を解約の手続きをするには、専用の印鑑を持っていかなくてはいけないので面倒だと思います。

みんなに聞きました 銀行窓口で体験したこと

銀行での解約の手続き

銀行の通帳を作るときに、印鑑を持っていて通帳を作ります。その印鑑はその通帳の印鑑になるので、他に印鑑では通帳を解約するときに解約の手続きができないことがあります。なので、色々な通帳を持っている人は印鑑を統一したり、どの通帳にどの印鑑を使ったかを覚えておく必要があると思います。また通帳をつくるときに使った印鑑は大事に保管しておく必要があります。銀行で手続きをするときに使うこともあるので、大事に保管しておきましょう。私は仕事をした給料が銀行に支払われることが多かったので、会社の給料をもらうため銀行の通帳を作ったことが何度もあります。そうするとその通帳は基本的にその会社の給料を受け取るときにしか使わないので、その会社を辞めてしまうと使わなくなってしまいます。わざわざ面倒な手続きをして通帳を作っても、結局すぐにその通帳は使わなくなってしまうことも多かったので、自由に給与の振込先の銀行を指定できればいいのになと思ったこともあります。

なので使わなくなってしまった通帳は解約の手続きをして解約をしました。使わないのにいつまでも通帳を持っていても仕方ないと思います。メインに使う銀行の通帳を2つほど持っていれば十分だと思います。今はネット銀行もありますから、手続きも簡単にすることができます。ネット銀行は通帳がないので、手続きもネット上でしたり、家に序類が郵送されて口座を開設したりします。ネット口座は家にいながら口座の確認もすることができますし、手続きもネットでできるので便利だと思います。ネット銀行も1つ開設しておくと今の時代便利だと思います。今はネットで買い物もしますし、手続きも買い物もネットでできてしまうのでびっくりします。しかし形のある通帳のほうがしっかりと形になるので、お金の出入りも管理しやすいのかなと思います。ネットと普通の銀行の口座と連携して使うと用途も広がりますし、もっと豊かな生活を送ることができます。

お勧め情報